物件を購入するには二つの方法がある|自分に合うものを選ぼう

不動産の取り引き形態

一軒家

仲介と分譲がある

杉並区には、仲介で購入する物件と分譲で購入する物件があります。仲介と分譲とでは、取り引き形態が違います。住まいを仲介で購入する場合は、不動産会社が売り主と買い主を仲介してくれます。杉並区にある中古マンションや一戸建てなどは、ほとんどが仲介物件です。仲介でマンションや一戸建てを購入した場合は、不動産会社に仲介手数料を支払うのが一般的です。仲介手数料は取り引きをうまくまとめてくれた不動産会社に支払う成功報酬です。不動産売買契約が成立した時点で発生し、売り主と買い主双方が支払います。だいたい取り引きされた物件価格の3%程度が、仲介手数料の目安です。分譲物件は、不動産会社から直接購入する物件です。杉並区の新築分譲マンションや建売住宅等が、分譲物件にあたります。また、物件ではありませんが、杉並区で区画全体で販売している土地も、分譲にあたります。分譲物件は、仲介を介さず、売り主から直接購入する取り引き形態です。仲介会社は間に入っていないので、仲介手数料が一切かからないのがメリットです。杉並区の新築分譲マンションなどは、最新設備を導入したハイグレードなタイプほど、それなりのお値段になります。しかし、新築マンションは中古マンションよりも諸経費が安く、マンションの場合は修繕積立金や管理費が安くなるのがメリットです。このように仲介と分譲でまったく取り引き相手が違うので、マイホームを購入するなら覚えておくべきです。

積み木

建売の選び方

大阪で分譲を購入するときには建物のデザインや素材に注目して、建てられている住宅にそれぞれ変化のある分譲を選びましょう。また隣家との距離が近い物件が多いため、大阪の分譲を選ぶときには、隣家から家の中が見えない間取りになっていることがポイントです。

インテリア

自分好みの家づくり

注文住宅は、自分で好きなように間取りや設備を決められる点がメリットです。建売住宅にはない満足感で、多くの支持を集めています。南大阪の業者は、熱効率が良く耐震性の高い住宅を建築してくれますので、好みの家が手に入ります。

レディ

新しい中古物件が豊富

相模原市には、2000年代に建てられた一戸建て中古不動産が豊富に販売されており、2000万円台で購入することも可能です。そういった物件は外観、内装もきれいに維持されており、デザインや設備も今時のつくりとなっています。